syouhinhakoue2top.gif




正当な慰謝料を勝ち取るための損害賠償・示談交渉術


《交通事故》慰謝料が13倍に!

「むち打ち」で52⇒711万円勝ち取った交通事故の示談交渉術とは?


 ⇒ 詳しくはコチラをクリック・・・


2011年07月12日

交通事故の損害賠償で裁判で解決

交通事故で被害を受けた際には、ほとんどの場合で示談交渉で解決となります。
しかしながら、交通事故でむち打ちになった場合、加害者側が軽く考えて賠償金額を引き下げようとしてくるでしょう。
むち打ちの症状は一見軽いように思われがちですが、後遺症が表れる場合もあるため、加害者側の要求は飲まないようにしてください。

そうすると、示談交渉が決裂し、裁判へと発展するでしょう。
裁判になると弁護費用がかかってしまうため、得られるはずの賠償金額は事実上低くなってしまいます。
また、裁判に必要な書類も作成しなければなりませんので、手間もかかってしまいます。

したがって、できるだけ裁判への発展は避けたいものです。
裁判まで進むことなく賠償金額を上げる方法もありますので、ぜひお試しください。

その方法については、交通事故被害者の慰謝料を大幅アップさせる損害賠償・示談交渉プログラムで詳しく解説していますので、参考にすると良いでしょう。
posted by 「交通事故」示談交渉.com at 00:00| Comment(5) | 示談交渉・慰謝料獲得ノウハウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月11日

交通事故の示談交渉がまとまらない場合は

交通事故でむち打ちになった際には、ほとんどの場合で示談交渉での解決となります。
しかしながら、加害者側は損害賠償金額を減額しようと、むち打ち程度ならもっと金額は低くなると主張してくるでしょう。
そのような場合は、被害者と加害者双方とも損害賠償額に納得することがなく、示談交渉が決裂してしまうことがあります。

交通事故の示談交渉が決裂した際には、交通事故紛争処理センターで和解あっせんを受けるのも良いでしょう。
一般的には、交通事故の示談交渉が決裂したら民事調停へ進むことになりますが、交通事故紛争処理センターで和解あっせんをうければ、裁判費用なども発生しませんので、コストの負担が少なく済みます。

交通事故紛争処理センターでは、交通事故の和解のスペシャリストが受け持ってくれますので、安心して任せることができるでしょう。

詳しくは、交通事故被害者の慰謝料を大幅アップさせる損害賠償・示談交渉プログラムで解説していますので、ぜひご参考ください。
posted by 「交通事故」示談交渉.com at 00:00| Comment(1) | 示談交渉・慰謝料獲得ノウハウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月10日

交通事故でむち打ちになった場合の示談交渉

交通事故でむち打ちになった際には、ほとんどの場合で示談交渉での解決となります。

示談交渉で注意しなければならないのは、示談が成立した時点で、その後は一切賠償金を請求することができなくなる、ということです。
むち打ちの場合、後々になってから後遺症が発症する場合も多く、場合によっては交通事故の示談交渉がまとまった後に発症するようなこともあるでしょう。

したがって、示談交渉の誓約書には、後遺症が発症した場合は追加で損害賠償を請求できる旨を記載することをおすすめします。

また、交通事故の示談交渉の場合、加害者側は何とか損害賠償額を減額しようとしてきますので、なかなか両者とも納得しないかと思います。
つまり、示談交渉が数ヶ月から数年かかることもありますので、覚悟しておきましょう。

交通事故でむち打ちになった場合の対処法については、交通事故被害者の慰謝料を大幅アップさせる損害賠償・示談交渉プログラムで詳しく解説していますので、参考にしてみてください。
posted by 「交通事故」示談交渉.com at 00:00| Comment(0) | 示談交渉・慰謝料獲得ノウハウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



top11.jpg

top2.jpg

btn.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。