syouhinhakoue2top.gif




正当な慰謝料を勝ち取るための損害賠償・示談交渉術


《交通事故》慰謝料が13倍に!

「むち打ち」で52⇒711万円勝ち取った交通事故の示談交渉術とは?


 ⇒ 詳しくはコチラをクリック・・・


2011年07月06日

交通事故にあったら事故の状況を確認しておきましょう

交通事故で被害にあった場合は、できるだけ現場の状況を確認しておきましょう。
たとえば、車の破損状況や、何かに衝突しているならその様子も写真に取っておくと良いです。
カメラを持っていない場合は、携帯電話などに搭載されているカメラで撮影しても構いません。

現場検証は警察でもしてくれますが、自分でも取っておくことが大切です。
また、現場の状況が確認できる写真は、多ければ多いほど良いです。

警察と保険会社への連絡、事故現場の状況が確認できたら、必ず病院で診察を受けてください。
交通事故にあった直後は何の異変がなかったとしても、ほとんどの場合で後日むち打ち症となって表れてきます。
むち打ちは、最悪の場合、神経がやられてしまっていることもあるため、なるべく精密に検査してもらってください。

ちなみに、交通事故にあってからすぐに病院で診断書を発行してもらわなければ、損害賠償の金額が低くなってしまうこともありますので、注意しましょう。

詳しくは、交通事故被害者の慰謝料を大幅アップさせる損害賠償・示談交渉プログラムで解説していますので、ご活用ください。
posted by 「交通事故」示談交渉.com at 00:00| Comment(0) | 交通事故の損害賠償 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



top11.jpg

top2.jpg

btn.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。