syouhinhakoue2top.gif




正当な慰謝料を勝ち取るための損害賠償・示談交渉術


《交通事故》慰謝料が13倍に!

「むち打ち」で52⇒711万円勝ち取った交通事故の示談交渉術とは?


 ⇒ 詳しくはコチラをクリック・・・


2011年07月07日

交通事故にあってもすぐに謝らないこと

交通事故にあった際には、絶対にすぐに謝罪してはなりません。
なぜなら、交通事故直後では、被害者・加害者ともに混乱しており、どちらも相手が悪いと思いがちです。

そのような状況で先に謝罪してしまったら、謝罪した側に大きな責任があると印象付けてしまいます。
明らかにどちらが悪いか分かっていれば、謝罪しても構いませんが、極力謝らないようにしてください。

また、交通事故にあったらまずは相手の確認をして、警察と保険会社に連絡するようにしましょう。

もちろん、むち打ちになっている可能性もありますので、できたら交通事故直後に、それが無理なら次の日の朝一で病院で診察を受けてください。
むち打ちの場合は、後々後遺症が発症することもありますので、できるだけ精密に検査してもらうことをおすすめします。

詳しくは、交通事故被害者の慰謝料を大幅アップさせる損害賠償・示談交渉プログラムで解説してありますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。
posted by 「交通事故」示談交渉.com at 00:00| Comment(0) | 交通事故被害者となったら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



top11.jpg

top2.jpg

btn.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。