syouhinhakoue2top.gif




正当な慰謝料を勝ち取るための損害賠償・示談交渉術


《交通事故》慰謝料が13倍に!

「むち打ち」で52⇒711万円勝ち取った交通事故の示談交渉術とは?


 ⇒ 詳しくはコチラをクリック・・・


2011年07月04日

交通事故で被害を受けたときの確認事項

交通事故で被害を受けた際には、必ず加害者の身元と車を確認しておきましょう。

被害者側に怪我などがなかった場合でも、後々になってむち打ちの症状がでてくることが多々ありますので、その際に損害補償を請求できるように、確認は怠らないようにしてください。

加害者の身元については、運転免許証などを見せてもらい、免許ナンバーや氏名、住所などを控えておきます。

なかには運転免許証を見せたがらない加害者もいますので、その際は車のナンバーを控えておき、後で陸運局で照会すると良いでしょう。

交通事故にあったときに注意しなければならないことは、簡単に謝罪をしないということです。
謝罪をするということは、自分に責任があると認めてしまうことになり、むち打ちになったときなどに損害賠償の金額が減額される恐れもありますので、ご注意ください。

交通事故で被害を受けたときの確認事項については、交通事故被害者の慰謝料を大幅アップさせる損害賠償・示談交渉プログラムで詳しく解説していますので、参考にしてはいかがでしょうか。
posted by 「交通事故」示談交渉.com at 19:53| Comment(0) | 示談交渉・慰謝料獲得ノウハウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。



top11.jpg

top2.jpg

btn.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。